主婦カードローン大作戦

主婦でも借りれるカードローン「主婦カードローン大作戦」

MENU

主婦でもお金を借りれる所はあるのかな?

★主婦や専業主婦だけどお金を借りたい!

 

最近は銀行のカードローンもキャッシングと同じサービス展開を始めたことで、多くの人がカードローンに興味を持つようになりました。主婦だけど生活費が足りなかったり、どうしても欲しいものがあったり、お金を借りたい時ってありますよね?

 

では、銀行カードローンや消費者金融で主婦は借りれるのでしょうか?

 

パートなどを現在やっていて収入のある主婦の方

銀行カードローンでも消費者金融でもお金を借りる事ができます。

 

全く働いていない専業主婦の方

銀行カードローンの一部でお金を借りる事ができます。

 

主婦やパートだからこそ銀行のカードローンがおススメ

 

キャッシングが主婦、パートでもOKといっても全ての人が審査を通過できるわけではありません。

 

また通過したとしても、その金利や借り入れ上限額の条件は悪いことが多く、定職についている人と比べるとどうしても条件が悪くなることは仕方がないのです。これ返済能力が低いと判断されることも原因ですが、何より重要なのが総量規制という法律が大きく影響しているのです。

 

総量規制とは、貸金業者に年収の3分の1を超える貸し出しを禁じた法律です。

 

よって、定職についている人よりも年収が低いことが多い主婦やパートでは、当然借り入れ上限額も低くなりますし、金利も高く設定されることとなるのです。しかしこれが銀行の場合ならば、総量規制に縛られることなく貸し出しできることから、より高い買い入れ上限額が設定され、安い金利で利用することができるというわけです。

 

これは総量規制がキャッシング会社などの貸金業に対する貸金業法に制定されているため、貸金業者でなく銀行法が適用される銀行では総量規制を遵守する必要がないからです。

 

つまり、簡単に言うと・・・

主婦や専業主婦の方は銀行カードローンが良いって事。

 

現在は全てではありませんが、主要なメジャーバンクをはじめとして一部の銀行カードローンが主婦やパートの申し込みに対応するようになってきています。

 

ですから、どうせ通らないだろうと諦めるのではなく、主婦やパートの人は、まずキャッシングよりも好条件で利用できる銀行のカードローンへの申し込みをする方が断然おススメとなってくるのです。

主婦でも借りれるカードローン一覧

まさに主婦のための銀行カードローン!

三菱東京UFJ銀行カードローンはパートをしている主婦の方も、働いていない専業主婦の方でも申し込みが可能になっている大手銀行カードローンです。200万円未満の申し込みまでなら収入証明書の提出も不要だから旦那にばれる事がないのがポイント。審査も最短30分と早いのでお急ぎの方にもオススメです。

限度額

1万〜500万円
主婦の場合:30万円以内

実質年率

1.8%〜14.6%

収入証明書

200万円未満の申し込みなら提出不要

主婦がお金を借りる時に必要な書類を用意する

銀行のカードローンに申し込む際には、どんな書類が必要となってくるのでしょうか?中には申し込む先が銀行だからいろいろな書類が必要となってくるとお考えの人も少なくないかと思います。

 

これはある意味正解です。キャッシングに並ぶ小額融資である銀行のカードローンが、キャッシングのように多くの人に利用されなかったのも、申し込み時の面倒さが一番の原因でした。

 

しかし、今ではこのデメリットも大きく改善され、キャッシングとほぼ変わらないといっていい条件とスピードで、申し込みと審査を受けることができるようになりました。

 

ですから今では銀行のカードローンだからといってかまえる必要は無く、キャッシング申し込みと同じと考えてOKなのです。それでは銀行のカードローンを申し込む際に必要となる書類にはどんなものがあるのかを説明していくことにしましょう。

 

申し込み時に必要なものは?

 

すべての銀行が対応しているとはまだ言い切れませんが、銀行のカードローンを申し込む祭に必要になってくる書類は本人確認書のみ(※運転免許証・保険証・パスポートなどどれか1つ)です。

 

銀行融資の場合、担保や保証人、収入証明書の提出が当然のように思われていますが、最近の銀行カードローンは基本的には本人確認書のみでOKと思っていただいていいでしょう。

 

中には申し込み先の口座がないと申し込めないということもありますが、全てではないので、新規口座を作るのが面倒だという人は口座が必要ない銀行へ申し込むようにしましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンやじぶん銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなどは口座開設不要で借りる事ができます。

 

100万円を超える場合などは収入証明書が必要な時も

 

銀行はキャッシング会社のように総量規制に縛られることがないので、審査時の条件さえ良ければ給与明細書や源泉徴収票のような収入証明書の提出を求められることはありませんが、中にはその提出を求められる場合もあります。

 

まずは利用限度額を変更する場合です。

 

銀行カードローンはキャッシングよりも高い利用限度額を設定していますが、その限度額を100万円以上に変更する場合は収入証明書の提出を求めるところがほとんどです。

 

総量規制に縛られていないために、銀行によってこの設定金額は100〜300万円と開きがありますが、一般的には利用額を100万円以上へ変更する場合は必要と考えておいた方がいいでしょう。

 

また、キャッシングなど他社への借り入れが多い場合も提出を求められることとなります。

 

数社借り入れがあり、その額が総計で100万円を超える場合は必要になると考えておいた方がいいでしょう。申し込み時の条件によっては必要ない場合もありますが、ご自分の年収が平均的なものと思われる方は、まず必要となると考えておいてください。

主婦カードローンでお金を借りるまでの流れ

銀行のカードローンの申し込み方法はいろいろなものがありますが、現在一番利用が多いのがインターネットを利用した申し込み方法です。

 

来店不要でネットからパソコンやスマホなどの携帯端末を利用して申し込みすることができるので、生活スタイルに合わせて自由に申し込みできるのがメリット。一番利用が多い申込方法となっています。

 

申し込みから利用までの手順

 

事前に用意しておくもの

本人確認書(運転免許証・保険証・パスポートなど)

 

まず事前に用意するのが必要なのは、身分を証明できる本人確認書のみでOKです。

 

インターネット申し込みの場合、本人確認書をデータ化したものを申し込み時に利用するので、携帯などのカメラで写しておいて準備しておくようにしてください。

 

申し込みは画面のガイダンスに沿って必要事項を入力していくだけです。
主に入力するのは住所、氏名、年齢、職業、就業年数、年収などの個人情報となってきます。

 

その他にも申し込んだ理由など、銀行によって様々な質問事項が用意されている場合もありますが、質問に対しては虚偽偽りなく正確に記入するよう心がけてください。

 

記入が終われば、本人確認書のデータをアップロードして完了です。

 

あとは審査結果を待つだけ・・・

 

審査時間はキャッシング会社のスピード審査のように30分という最短のところもありますが、早いところで1〜2時間程度かかると思っておいた方がいいでしょう。

 

また審査に結果はメールで行われることがほとんどですが、中には電話連絡のみというところもあるので、気になる方は事前にチャンと確認しておくことをおススメします。

 

審査OKとなれば契約手続きとなるのですが、契約書類は郵送となるところもあるので、即日融資が必要な人は審査後、即利用できるかどうかの確認をしておく必要があります。

 

利用時のカードも後日郵送ということになりますが、即日利用可能な場合は、そのまま会員専用ページを利用して、指定口座に借り入れ額を入金してもらうことが可能です。

 

 

以上が銀行カードローンのインターネット申し込みをした場合の利用までの流れです。

 

インターネット申し込みの場合24時間365日対応しているところがほとんどですから時間を問わず申し込むことが可能です。しかし即日融資を望む場合は、審査OKとなる時間が大きく影響してくるので、いつまでなら大丈夫かを事前に確認することをおススメします。